2021/04/14

2021/04/13

日々の茶|210413


高橋悠眞さんの中棗「波紋」に合わせて設えてみました。

主なお道具は、西垣聡さんの水指「清光」、酒井桂一さんの茶杓、新里明士さんの「光碗」です。

2021/04/12

日々の茶|210412


高橋悠眞さんの平棗「夕凪」に合わせて設えてみました。

主なお道具は、伊藤秀人さんの「白瓷水指」、川合優さんの茶杓「竹ニ金」、新里明士さんの「黒光碗」です。

2021/04/11

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」おかげさまで無事に終了しました!

会期中おこしくださったみなさま、またオンラインでご覧いただいたみなさまには厚く御礼申し上げます。
何よりもまず当初は昨年開催予定だった本展覧会が、延期となりながらも無事に開催できたことを嬉しく思います。
そして、弊廊でもこれまでお取り扱いのなかったタイプの作品をご紹介できたことは、個人的にも大変刺激的で、
同時に多くの方に好意的なご意見をいただけて励みにもなりました。

さらに最終日には、2人の作品にさらに彩を加えるように、
庭のキリシマツツジが例年以上に華やかな花を咲かせてくれました。
まだまだ不安定な情勢が続きますが、少しでも早い事態の収束を願いつつ、今後の活動にもご注目いただければ幸いです!

2021/04/10

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」残り1日です!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」8日目終了しました!

高橋さんの「traces」シリーズは、器ひとつひとつが持つ木目の跡と、
高橋さんが漆を塗った刷毛目の跡が響きあって模様が表れています。
作家自身でさえも研いでみるまでどのような模様が出てくるのかはわからないそうで、
元の木地が持つポテンシャルを地道な作業によって顕在化させることが、
現代性のある佇まいを生みだすことに繋がるのを、個人的にはとてもおもしろく感じます。

靏林さんの「光の彩 酒のうつわ」は、小振りながら抜群の存在感を持った作品です。
厚く吹いたガラスを色目を見ながら削っていく作業は、かなり神経を使うそうですが、
その結果として緊張感のあるフォルムが生まれています。
靏林さんの仕事の緻密さがよく表れている作品だと思います。

さて、会期も残すところあと1日となりました。
明日も天気がよく、また多治見では陶器まつりが開催されておりますので、
遠方からでもいろいろと見て回って楽しんでいただけるのではないかと思います。
なお、オンラインでの販売も展覧会終了時刻の18時をもって一旦終わりとさせていただきますので、
ご興味のある方はどうぞお早めにご覧ください!

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
※オンラインストアでの販売:https://spaceohara.theshop.jp/

2021/04/09

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」残り2日です!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」7日目終了しました!

靏林さんの写真の2作品は、両方ともタイトルに「雨」がついていますが、
光の反射が本当に水のようにも見えて不思議な浮遊感を持っています。
花器「雨のしずく」の方はカットによってつくり出されたエッジが凛とした表情を生み、
淡い色と木々の反射が混じり合って綺麗なテクスチャーが現れています。
そして鉢「雨の音」は、そのかたちによって生じる影が波紋となって、
周りの空気にまで揺らぎをもたらしているかのようです。

一方、高橋さんの2作品は、木の端材に色漆を重ねて塗ることで、元の木が持つ時間性を顕在化させています。
古い什器の上に置いてみるとその質感の違いがより際立って見えて、古さと新しさとを同時に感じることができます。
タイトルは「菓子器」としていますが、器として認識される手前のプリミティブなかたちなので、
使い手の見立てでいろんな可能性がありそうです。

さて、会期も残すところあと2日となりました。
共に細やかでていねいな仕事をされるおふたりの展示を、ぜひご覧いただければと思います!
また、オンラインでの販売も引き続きおこなっておりますので、そちらの方もどうぞよろしくお願いいたします。

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
※オンラインストアでの販売:https://spaceohara.theshop.jp/

2021/04/08

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」6日目終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」6日目終了しました!

今回、高橋さんは「circulation」シリーズの壁掛け作品をはじめて制作してくださいました。
額装されることでより標本的な見え方になり、元の流木が持っている時間性とその上に幾重にも塗りかさねられた
色漆のレイヤーがオーバーレイして、とても不思議な空気感を纏っています。
特徴的な模様ですが、高橋さんが自分で狙ってつくり出したものではなく、あくまでも木の凹凸をトレースしていくことで
現れてくるものだと考えるとおもしろいです。

靏林さんの「光の彩」の鉢は、これからの季節には小振りな平茶碗としても使えそうなサイズ感です。
展示台のアクリル板が庭にあるケヤキの木を写し出すことで、水面の上にあるような浮遊感が生まれています。
見る角度によってその微細な色が多様に変化するのは、この作品の特徴です。

本日よりオンラインでの販売をスタートしました。
なかなかご都合がつかずおこしになれないという方は、こちらの方をご覧いただければ幸いです!


COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
※オンラインストアでの販売:https://spaceohara.theshop.jp/

2021/04/07

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」5日目終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」5日目終了しました!
今日もとても過ごしやすい天候で、縁側でのんびりとしていかれる方が多かったです。

靏林さんの「光の彩」の花入は、作品自体の色と同時に周りの色とも呼応して佇まいを変化させます。
作品越しに庭を見ると、緑が重なってまったく違った表情を見せてくれます。
また、時間帯によっても少しずつ自然光の移り変わりで色が変わっていくのもおもしろいです。

高橋さんは、今回食器も意欲的に制作してくださいました。
「漆の新しい居場所」をコンセプトにしている通り、最近では日常的に漆の器を使う方はすっかり減ってしまいましたが、
現代の食器ともうまく取り合わせることができるようなものを模索しています。
漆と聞くと一瞬尻込みしてしまう方もいらっしゃるかとは思いますが、実際には軽くて欠けにくいのでとても扱いがよく、
毎日でも使えるように耐久性も高めて作られています。
これまで漆にあまり馴染みがなかった方にもぜひ使ってみていただきたいです!

さて、早いもので会期も半ばを過ぎました。
今週はしばらくよい天気が続きそうなので、展示を観つつのんびりと過ごしていただければ幸いです。
また、明日4/8の18時より一部作品をオンラインでも販売開始いたします。
午前中にはプレビューで作品をご覧いただけるようにいたしますので、こちらもどうぞご期待ください!

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
※オンラインストアでの販売:4/8(木)18:00〜

2021/04/06

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」4日目終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」4日目終了しました!
今日は平日にも関わらず、多くの方々におこしいただきどうもありがとうございました。

高橋さんの「星舞」シリーズは、「symphony」同様色漆の点描を重ねた作品です。
色漆に油分を含ませることにより波紋が表れ、模様にゆらぎが生まれています。
さらにそれを何重にも重ね合わせることによって、平面的な中にも奥行きが生じて複雑な景色をつくり出しています。
伝統的な技法をベースにして現代的な作品を生み出す態度こそ、高橋さんの芯にあるメンタリティかもしれません。

靏林さんの「花鏡」シリーズは、底に加えられた複数の色がガラスの襞によって乱反射し、独特の現象を生みだしています。
原理としては単純なのですが、そこから生じる景色はとても複雑で捉えどころがなく、じっくりと見入ってしまいます。
また、置かれる場所や光の当たり方によっても大きく表情を変えます。

作品が少しずつ減ってきてしまってはいますが、まだまだ見応えがある展示となっていますので、
このあたりではなかなか観られない組み合わせをぜひご覧いただければと思います!
また、4/8木曜18時より一部作品をオンラインでも販売予定です。
今回タイミングが合わずおこしになれないという方は、そちらを楽しんでいただければ幸いです。

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
※オンラインストアでの販売:4/8(木)18:00〜

2021/04/05

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」3日目終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」3日目終了しました!
今日は天気も回復し、過ごしやすい気候でした。

縁側の角にはDM写真のように高橋さんの「symphony」と靏林さんの「光の彩」を取り合わせています。
「symphony」と細長いプロポーションと空間とがうまくフィットし、斜め後ろから入ってくる自然光が
「光の彩」の透明感を強調して、ふたりの作品がぴったりとフレーミングされています。
それぞれの作品は色彩が豊かでそれ自体でも十分ヴィヴィッドなのですが、
漆とガラスという素材の違いによってうまく共存しているように思います。

じっくりとふたりの作品を観ていくことで、微細なカラーリングの変化がその都度新鮮に映るのが
とてもおもしろい体験です。

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休

2021/04/04

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」2日目終了しました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」2日目終了しました!
本日は天候が悪い中、多くの方におこしいただくことができました。

高橋さんの「circulation」シリーズは、流木に変塗を施した作品なのですが、
かたち自体はすでにあるものなのにも関わらず、とても高橋さんらしい作品になっています。
研いでみるまで作家自身もどのような模様が出現してくるのかわからない中で、
ローピクセル化されたような独特のテクスチャーが表出して抽象化されるさまは、
モノ自体が持っている由来を逸脱して新たな物質性を獲得する過程を示しており、
タイトル通りモノが循環していくことが読み取れます。
モチーフの選択によって方向性も変わってくるので、今後の展開もとても楽しみなシリーズです。

一方、靏林さんの「光の彩」シリーズは、暗がりの中で下から光を照らされると
鮮やかな色彩とシャープなフォルムがより露わになり、浮遊感を増して自然光とは違った表情を見せます。
床の間に合わせて掛けられている高橋さんの「symphony」とも呼応して、
光と闇の微細な変化によるコンビネーションを見せてくれます。

どちらの作品も時間帯や天候などによって見え方も大きく左右されるので、
ぜひ実際にご覧いただければと思います!

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休

2021/04/03

「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」始まりました!


「COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展」本日よりスタートしました!
初日に足をお運びいただいたみなさま、どうもありがとうございました。

靏林さんの「光の彩」シリーズは、さまざまな色が混ざったガラスを吹いて、
さらにそれを削ることでかたちをつくり出しています。
本人もコントロールできない色彩の表れ方をベースにして、それに合ったフォルムを見つけ出していくのですが、
光の当たり方によってその繊細な表情が多様な変化を見せるので、ついついじっと見惚れてしまいます。

また、今回高橋さんははじめて棗を制作してくださいました。
同系色でまとめられたマットな質感は、程よく落ち着いていながらも高橋さんらしさが表れており、
お茶席でもいい存在感を示すのではないかと思います。
さらに内側には錫粉が使われており、外側とのコントラストもお茶が入った姿を想像してもとても綺麗そうです。

あすもおふたりとも在廊してくださることになりましたので、ぜひ制作にまつわる
いろんなお話を直接聞いていただければと思います!
また、今回の展示でもオンラインでの販売を準備して参ります。
現状4/8木曜の夜からのスタートを予定しておりますが、詳細につきましてはまたこちらでお伝えいたしますので、
引き続きご注目ください!

COLORS|高橋悠眞・靏林舞美 展
2021.4.3(土) - 4.11(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日|高橋:3(土), 4(日) 靏林:3(土)