2016/10/27

「松永泰樹・鴨頭みどり 展」6日目終了しました!




「松永泰樹・鴨頭みどり 展」6日目終了しました!
今日も1日天気が良く、空を流れる雲もきれいでした。

鴨頭さんのつくる動物は、どれもちょっと力の抜けたなんとも言えない絶妙な表情をしており、
見る側の読み取り方によっていかようにも解釈できる懐の深さが、その魅力となっています。
一方松永さんの写真の作品は、植物の種などを想起させるかたちをしていて、
余計な装飾もなくシンプルで寡黙な出で立ちをしていますが、
そのぶん余白が残されていて、置かれる空間に深みを与えてくれます。
(土に金属を組み合わせる感覚も独特なところがあるように思います。)

お二人と接していると、それぞれの作品はそれぞれの人間性を反映しているようにも思えて、
いろいろと見え方が変わってくるような気がしてきます。
作品を通して、作られた作家さんの想いも読み取っていただければ幸いです。

No comments:

Post a comment