2018/07/24

本日のお菓子|180724


田中陽子さんの硝子皿 × HIGASHIYAの「甘夏の道明寺羹」

2018/07/20

オンラインストアをリニューアルしました!




しばらく更新できていなかったオンラインストアをリニューアルしました!

>スペース大原オンラインストア

現在は夏らしくガラスを中心としたラインナップになっております。
今後は展覧会をしてもらった作家さんの作品を中心に、随時追加していきたいと考えておりますので、
引き続きご覧いただければ幸いです!

2018/07/18

日々の珈琲|180718


qualia-glassworksのglass mold large × Jikan ryokoの水出しアイスコーヒー

2018/07/17

本日のパン|180717


白石陽一さんの丸皿 × Jikan ryokoの「オレンジピールとクリームチーズのベーグル」

2018/07/16

「大森健司・白石陽一 展」終了しました!


「大森健司・白石陽一 展」おかげさまで無事に終了しました!
会期中この時期としてはかなり暑くなってしまいましたが、
そんな中でもおこしいただいたみなさまには、あらためて感謝申し上げます。
同年代の作家ふたりのそれぞれの個性が響きあう、とてもいい展示になったと思います。
ふたりの今後のますますの活躍にどうぞご期待ください!

さて、本展覧会をもちまして弊廊は夏季休暇に入らせていただきます。
また9月からの展示でみなさまにお会いできれば幸いです!

2018/07/15

「大森健司・白石陽一 展」残り2日です!



「大森健司・白石陽一 展」9日目終了しました!
今日も38℃を超える暑さの中、おこしいただいたみなさま本当にありがとうございました。

白石さんの花器に庭にはえている山帰来を生けてみたところ、
その白さと重量感が強調されて、とてもいい感じになりました。
ちゃんとした主張もありつつ他ともしっかり馴染むのが
白石さんの作品の良さではないかなと思います。
大森さんの作品は、夕方陽が沈んできて光が弱くなってくると、
その質感がよりはっきりと見えるようになってきておもしろいです。
何度も焼くことでできた半分ずつの色の違いもまた魅力的です。

さて、早いもので明日が展覧会最終日となります。
本展覧会を最後に弊廊は9月までお休みをいただきますので、
ご都合のつく方は明日おこしいただけると大変ありがたいです!

2018/07/14

「大森健司・白石陽一 展」残り2日です!




「大森健司・白石陽一 展」8日目終了しました!
多治見は本日も全国一の最高気温を記録しました…
そんな暑い中でもおこしくださったみなさまには頭が上がりません。

今回の展示では大きな作品もいくつかあります。
大森さんは他の作品同様筒状のものが多いですが、
サイズ感が変わるとちょっと見え方も変わってきて、また使い方もいろいろありそうで
ついついどう使うのがおもしろいか考えてしまいます。
白石さんは大きな半球型の作品が2点ほどあります。
こちらも特別な用途を持っているわけではありませんが、
そのことが逆にこちらの想像力を刺激してくれます。

さて、会期も残すところあと2日となりました。
この時期としては異例の暑さの中、エアコンもない展示空間に来ていただくのは
申し訳なく思いますが、展覧会としては見応えがあると思いますので、
お立ち寄りいただけると嬉しいです!

2018/07/13

「大森健司・白石陽一 展」7日目終了しました!




「大森健司・白石陽一 展」7日目終了しました!
連日暑い中わざわざおこしくださるお客様には本当に感謝です。

今回それぞれ酒器も出展してくださっています。
白石さんのぐい呑は光が透けるほど薄く、今のような暑い時期に冷酒を呑むのにぴったりです。
さらにお皿と組み合わせることでバリエーションも広がり、いろいろな使い方ができそうです。
大森さんの手びねりのぐい呑は、とても手に馴染む感じで、
ついつい手のひらの中で転がしておきたくなってしまいます。
両方ともとても特徴的なので、それぞれ実際に手にとって比べていただければと思います。

さて、展示も残すところあと3日となりました。
明日から世間では三連休となりますが、お近くへおこしの際はお立ち寄りいただけるとありがたいです!

2018/07/12

「大森健司・白石陽一 展」6日目終了しました!




「大森健司・白石陽一 展」6日目終了しました!
今日も暑い中多くの方々におこしいただき、どうもありがとうございました。

大森さんの作品は、土そのものの質感を生かしていて、陰影がとてもきれいにでます。
さらにその端正なフォルムと内側の釉薬がそれを強調していて、
大きな筒状の作品などは静かな佇まいでありながらとても見応えがあります。
白石さんは、成形がうまくいかなかったものもいくつか作品として出してもらっていますが、
そちらは本来であれば表れてこない部分なども目にすることができ、
土の流れが可視化されていて、かえって白石さんの作品に対する考え方を
わかりやすく示してくれているようにも思います。

細部をじっくり見ていくことで、新たな発見もあるかと思うので、
いろんな角度から作品を観ていただけると嬉しいです!

2018/07/11

「大森健司・白石陽一 展」5日目終了しました!








「大森健司・白石陽一 展」5日目終了しました!
今日はきのうに引き続きとても暑く、早くも夏バテになってしまいそうです…

今回白い空間では大きめの作品が並んでいます。
白石さんには、近年取り組み始めた原土を用いたオブジェを展示してもらっています。
これはこれまでの磁器の作品のイメージからするとかなり違ってみえますが、
型を使って成形することは同じで、素材が磁器から原土になったことで
表れ方が変化したと考えると腑に落ちるのではないかと思います。
ひとつひとつの作品の中にいろんな色合いや状態が同居していてとても力強く、また存在感があります。
一方大森さんは筒型の大きな作品を並べてもらっています。
端正な中に微妙な揺らぎやテクスチャーの複雑さがあり、
こちらもしっかりとした存在感を示しています。
シンプルなかたちなだけに花器や水指など、見立てによっていろんな使い方ができそうなのも魅力的です。
これらの作品は写真ではわかりづらい部分も多いので、
実物をご覧いただけるとより特徴を理解していただけるかと思います!

2018/07/10

「大森健司・白石陽一 展」4日目終了しました!



「大森健司・白石陽一 展」4日目終了しました!
今日は風もあまりなくて一日中暑さを感じる一日でした。

大森さんは碗型の作品が多くありますが、ひとつひとつかたちがちょっとずつ違います。
小鉢として使ったりあるいは抹茶を点てたりと、いろんな使い方ができそうです。
一方白石さんのお皿は、シンプルなかたちのものが多いですが、
微妙なテクスチャーや色の違いがあり、こちらもそれぞれのおもしろさがあります。
ひとつひとつ見比べて手に取って、お気に入りを見つけてもらえればと思います!

本日の珈琲|180710


今日は西垣聡さんの「Highlights rocks glass」で、コクウ珈琲のアイスコーヒーをいただきました。

2018/07/09

BBQ

「大森健司・白石陽一 展」3日目終了しました!





「大森健司・白石陽一 展」3日目終了しました!
今日はいよいよ夏らしくなってきましたが、途中大雨が降ってくるなど、
まだまだ安定しない天気でした。

大森さんのカップは、内側にのみ釉薬がかかっており、
内と外のコントラストがとてもきれいです。
今回新たに内側に銀彩を施したシリーズもあり、
より洗練された雰囲気で今の季節にも使ってもらいやすいかと思います。
一方白石さんの花器はシャープな造形でですが、
口の部分が鋳込み特有の表情を持っていて、
ひとつひとつとても特徴的です。
また今回は炭化のシリーズもあり、より表情が豊かになっています。

小さな作品も多いですがそれぞれとてもていねいな作りで、
見どころもたくさんあるのでじっくりご覧いただけるとうれしいです!



2018/07/08

「大森健司・白石陽一 展」2日目終了しました!





「大森健司・白石陽一 展」2日目終了しました!
今日はきのうとは打って変わっていい天気で、本格的に夏の到来を感じさせられました。

お二人の作品の特徴は、今回それぞれ多く出展されている皿を観てもらうとわかりやすいかと思います。
大森さんはロクロによるシンプルな成形で、土の質感を生かしていますが、
よく観ると焼く回数を増やすことで半分ずつ微妙に色の濃さが異なっており、
おおらかな中にも細部までのこだわりが感じられます。
一方白石さんは、型を使っていますが棒状の型を用いることで
ひとつひとつ違う多角形になっていて、磁器ですが制作の過程で生じる微細なテクスチャーを生かしています。
それぞれの作品を比べるとあらためて特徴がわかりやすくなるのも二人展のおもしろさかと思います!

2018/07/07

「大森健司・白石陽一 展」はじまりました!



「大森健司・白石陽一 展」はじまりました!
今日は悪天候の中、わざわざご足労いただいた方々、どうもありがとうございました。

日中も太陽が出ることはなくずっと曇っていましたが、
弱い光の中でもそれぞれの作品が違った表情を見せていて、
見ていてとてもおもしろかったです。

白石さんの床の間に置かれたオブジェは、
桑山忠明の作品とも呼応してまとまりのある空間をつくり出しています。
また、大森さんの縁側に置かれた筒鉢は、
自然光によって影が土のテクスチャーを強調されていて、
凛とした存在感を示しています。
明日も天候はすぐれなさそうですが、お二人とも在廊してくださる予定なので、
お時間の許す方はぜひおこしいただければと思います!



2018/07/06

「大森健司・白石陽一 展」明日スタートです!



「大森健司・白石陽一 展」設営完了しました!
それぞれの特徴がよくわかるいい展示になったかと思います。

明日はお二人とも在廊してくださいますので、
天気は崩れそうではありますがお立ち寄りいただければ幸いです。

2018/07/05

「大森健司・白石陽一 展」開催のおしらせ




春会期の最後は、大森健司さんと白石陽一さんの二人展を開催いたします。
大森さんは元々オブジェを中心に制作されていましたが、
数年前からうつわを作り始め、最近ではそちらがメインになっています。
土の質感を生かした奇をてらわない作品は、静かな佇まいをしており、
さまざまな空間や用途に馴染み、受け入れることのできるおおらかさががあります。

また、白石さんは一貫して磁器による制作を続けてきました。
白石さんの作品は一見シンプルな中に土の流れの痕跡や微細な肌理を読み取ることができ、
実はとても複雑な表情を持っています。
さらにそれに加えて最近では、原土を用いたオブジェも作り始められました。
アウトプットとしては磁器の作品と真逆のようにも見えますが、その背後にある考え方は一貫しているように感じます。

ある意味で逆のベクトルを進んでいるようにも思えるお二人ですが、
同じ展示空間でお互いの作品がどのように響き合い、どんな空気感が生まれるのか、どうぞご期待ください。

大森健司・白石陽一 展
2018.7.7(土) - 7.16(月・祝)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日|大森:7日(土), 8日(日), 16日(月・祝)
白石:7日(土), 8日(日)