2020/07/06

【高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition】光の彩 振出 / 靏林舞美





こちらの振出は、蓋がつくことで果実のようなかわいらしさが出ています。
現代的なかたちなので通常のような金平糖だけでなく、フリスクなどいろいろなものを入れて携帯するのも良さそうです。
もちろん、蓋を外して一輪挿として使用するのも素敵だと思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

【高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition】茶杓 / 高橋悠眞





高橋さんの茶杓は変塗による細やかな模様が散りばめられていて、隅々まで目を凝らして見たくなります。
また、漆の光沢による見え方の変化もおもしろく、点前の場面によって表情を変えてくれます。
写真の2つは陰と陽的なコントラストがあり、どちらも取り合わせによって
お茶席をより一層華やかなものにしてくれると思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/07/05

【高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition】光の彩 酒のうつわ / 靏林舞美




靏林さんの作品は、色ガラスを吹くという偶発的な部分を含む現象的なプロセスと、
吹いたガラスを削ることで自らの意思でかたちを決定していくプロセスという
アンビヴァレントな要素が同居しているところに魅力があります。
用途を超えた美しさがあり、ただ眺めているだけでも十分その機能を果たしているようにも思えます。
個人的には裏側から見たかたちが好きで、横に倒して置いてみると造形の持つ強度が顕在化します。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

【高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition】星舞 酒器 / 高橋悠眞




こちらの作品は「星舞」シリーズの新作になります。
このシリーズの特徴は、色漆の円が何層にも重ねられていることでそこに深度が生まれ、
明るさによって見え方が大きく変わることです。
明るいところで円の連なりがはっきり見えるのも、暗いところで仄かに見えるのも、
それぞれ異なる良さがあって趣があります。
お酒を注ぐとさらにそこにゆらぎが生まれて、また違った景色を見せてくれることと思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/07/04

「高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition」スタートしました!


「高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition」本日よりスタートしました!
いろいろと不慣れな部分もありギリギリまで準備に追われていましたが、開始早々多くの反応をいただき嬉しい限りです。

ホームページとオンラインストアを連動させるかたちになっていますが、
オンラインだからこそできることをいろいろとアイデアを練って試していますので、ご覧いただければ嬉しいです。

これから会期中作品についてのことなど順次書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/07/03

「高橋悠眞・靏林舞美 展」開催形態変更のおしらせ


7月に開催を予定していた「高橋悠眞・靏林舞美 展」ですが、
新型コロナウィルス感染拡大による作家の制作環境への影響を鑑みて、実空間での開催を来年春に延期し、
当初予定していた会期では、プレ展示として規模を縮小してオンラインのみでの展示とすることにいたしました。
楽しみにされていた方には申し訳ございませんが、
よりクオリティを高めたかたちで来年春に開催したいと思いますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今回の展示は漆とガラスという異素材のコンビネーションですが、
両者とも作品の中に豊かな色彩を入れこみ、複雑に組み合わせることで密度の高い作品を生みだしています。
高橋さんは変塗りと呼ばれる色漆を何層にも重ねて研ぎ出す技法によって、
靏林さんは色ガラスを調合して成形し、さらに削り出すことでシャープな造形を持った制作物を実現させています。
それぞれの作品は共に光の当たり方によって大きく佇まいが変化しますが、
それらが生み出す光と影は、反射と透過という依って立つ素材の対極的な特性に大きく関係しています。
ひとつひとつのピースに丹念に手を入れた、
ジュエリーのように美しさの凝縮された作品たちを楽しみにしていただければ幸いです。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

フリーカップ / 高橋悠眞


こちらのカップは、抽象画のようにも見えるようなカラフルな質感を持っています。
漆器は軽くて保温性と断熱性が高いため、そばちょことしてだけでなくコーヒーなどを飲むのにも適しています。

いよいよ明日13時からオンラインでの展示がスタートいたします。
ホームページでは主に展示風景を、オンラインストアでは主に作品写真をご覧いただけるように準備しております。
ふだんとは一味違った写真も多くあるので、ぜひともご覧ください!

また、会期中もし実際に作品をご覧になりたいという方がいらっしゃる場合、
アポイント制にてご覧いただけるように対応いたしますので弊廊までご連絡ください。
それでは明日からよろしくお願いします!

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

花鏡 / 靏林舞美


靏林さんの「花鏡」シリーズは、底部の色がガラスのゆらぎに反射して複雑な表情を見せます。
色とガラスの特性をうまく捉えて表現しているのは「光の彩」シリーズと同様ですが、
こちらはより日常的に使っていただけるものとなっています。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/07/02

茶杓 / 高橋悠眞



高橋さんの茶杓は、わずかな面積の中に技術がこめられていてとても存在感があります。
漆によってよりシャープさを増した茶杓は、お茶席でもとても映えるのではないかと思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

光の彩 茶碗 / 靏林舞美



靏林さんの作品は観る角度によって大きく佇まいが変化するのが特徴です。
透光性のあるガラスならではの見え方はこちらの茶碗にもよく表れていて、
見込みや高台の性質がやきものとはかなり異なります。
不安定な状態に置かれることで、作品の持つゆらぎや動きがより顕著に表出しています。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/07/01

星舞 / 高橋悠眞


昨日ご紹介した平面作品と同じ技法を用いた器も数点届いています。
写真の作品は縁側で菓子皿を撮影したものですが、湾曲の程度によって映りこみ方が変わってくるのがおもしろいです。
映りこんだ庭の景色と漆による模様が重なり合うことで、器の中に新たなランドスケープが生まれています。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

光の彩 振出 / 靏林舞美


高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/30

symphony / 高橋悠眞


こちらの作品は、金属板に漆を施した大型の平面作品です。
異なる色彩の漆の玉が何層にも重ねられて出来上がった景色は、
例えば夜の車のライトの連なりなどいろいろなものを想起させます。
平面作品ながら漆ならではの深度があって奥行きを感じさせ、光沢もよりいっそう強く知覚されます。
それゆえに写真に収めづらくはあるのですが、その扱いにくさやフラジャイルな部分が
また漆の魅力なのではないかと思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

光の彩 酒のうつわ / 靏林舞美


高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/29

光の彩 一輪挿 / 靏林舞美


靏林さんの作品もすでに到着しております。

彼女の作品はしゃぼん玉のようなゆらぎのある色彩と、
削り出された動きのあるシャープなかたちが絶妙のバランスで成立しています。
サイズの小さな作品でも要素が凝縮された密度のあるものとなっていて、
用途はあるのですが、それを離れても手にとるとガラスの量塊感をしっかりと認識することができて、
ずっと手のひらの中に収めておきたくなる、ジュエリーのような魅力があります。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/28

circulation / 高橋悠眞



本日高橋さんから展示用の作品が届きました。
オブジェから茶杓、椀やカップなどの日常使いのうつわまで幅広いラインナップです。
ウェブ展示に先駆けて少しずつご紹介していきたいと思います。

写真の作品は「circulation」というタイトルで、流木に漆を塗り重ねたものです。
流木の上に異なる色の漆のレイヤーを重ねていくことで、凹凸がトレースされて別の表れ方で可視化されます。
自然のかたちを基にして模様をつくり出す、高橋さんの作風をとてもわかりやすく示している作品だと思います。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/27

花ことば / 靏林舞美




(φ20.5×h7.5 cm)

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/26

日々の珈琲|200626


今日は、高橋悠眞さんの猪口でJikan ryokoの「マンデリン」をいただきました。

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/25

光の彩 / 靏林舞美


(φ10.5×h12.0 cm)

高橋悠眞・靏林舞美 "web" exhibition
2020.7.4(土) - 8.2(日)
※オンラインのみでの開催となります。
※初日は13時スタートの予定です。

・オンラインビューイング
>スペース大原ホームページ

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/24

「横山拓也 展」開催のおしらせ


横山拓也さんの三年ぶりの個展を開催します。
今回も特徴的な質感を持った多種多様な茶碗をはじめ、水指や茶器などの茶道具、
そして日常的に使える食器など幅広いラインナップとなる予定です。
陶芸を広くエンターテイメントとして捉えて制作されている横山さんの、
これまでお茶ややきものに関心がなかった方にも届くような射程の長い作品をお楽しみいただければ幸いです。

横山拓也 展
2020.7.18(土) - 7.26(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:18日(土)

2020/06/23

日々の茶|200623


本日の一服は、西垣聡さんの茶碗「雨氷」でいただきました。

2020/06/21

「酒井桂一 展」終了しました!


「酒井桂一 展」おかげさまで無事に終了しました!
会期中おこしいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
最終日も比較的天候に恵まれ、快適な環境の中展示をご覧いただくことができました。

一見それほど強いインパクトはなくとも、穏やかな佇まいの中にしっかり芯が通っているのが、
酒井さんの作品の特徴ではないかと思います。
それはむやみに時流に影響を受けることなく、しっかりと自らの世界観を掘り下げていく
酒井さんの制作態度の表れでもありますし、これからの成長がとても楽しみでもあります。

オンラインストアでの販売も一部の作品は継続して参りますので、
今回おこしになれなかった方はご覧いただければ幸いです。
それでは引き続き酒井さんの活躍にご期待ください!

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/20

「酒井桂一 展」残り1日です!




「酒井桂一 展」8日目終了しました!
今日はとても過ごしやすい一日で、多くの方々におこしいただくことができました。

こちらの重箱は、同じ材から作られているので木目が揃っており、見ていてとても気持ちよい作品です。
洗練されているけど同時におおらかさも兼ね備えていて、酒井さんらしさがよく出ています。
また、撥水セラミックで仕上げられているので、木そのものの質感を失わなずに用途も満たしています。
なかなかふだん重箱を使うことはないかもしれませんが、
ここぞという時に大きなインパクトを与えてくれるのではないでしょうか。

明日はとうとう最終日です。
明日も天気は良さそうなので、気持ちよく展示をご覧いただけるかと思います。
また、オンラインストアでの販売も一部作品を除いて同時刻に終了しますので、
そちらの方もどうぞよろしくお願いいたします。

酒井桂一 展
2020.6.13(土) - 6.21(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:13(土), 21(日)

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/19

「酒井桂一 展」残り2日です!




「酒井桂一 展」7日目終了しました!

夕方暗くなってから照明を当ててみると、木工作品は光をある程度吸収するので
やきものやガラスとは違って全体が少しぼんやりして見えるのですが、
その落ち着いた雰囲気がとても神秘的でついつい見入ってしまいます。
寺社仏閣などでもそうですが、木そのものが持つ力が展示の空気感をつくり出しているようにも感じます。

今回食器もいろいろと出展してもらっていますが、どれも漆が塗ってあるので他の素材のものと同様、
特別なメンテナンスは必要なくガシガシ使ってもらえます。
一見格が高くて少し敷居が高く感じてしまう方もいるかもしれませんが、
やきものと比べても軽くて欠けにくいので、実はとても使いやすいです。
また、使っているうちに漆がはげてきた場合には、酒井さん自ら塗り直してくださるのでそのあたりも安心です。

さて、あっという間に会期も残すところあと2日となりました。
週末は天気も良さそうなので、多くの方におこしいただければ幸いです!
また、オンラインストアでの販売も一部作品を除き最終日6/21の18時をもってクローズとさせていただきますので、
ご興味のある方はぜひこちらの方もご覧ください。

酒井桂一 展
2020.6.13(土) - 6.21(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:13(土), 21(日)

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/18

「酒井桂一 展」6日目終了しました!




「酒井桂一 展」6日目終了しました!
今日は雨が降っていたものの湿度は高くなく、涼しくてとても快適な1日でした。

写真の壁掛けは、ケヤキの板を削り出すことでつくられた、枠と一体になっているなんとも不思議な作品です。
枠があることで木そのものの表情が絵画的な模様に見えてきます。

また、DMにも掲載している黒漆花器は一見とてもシンプルですが、割れを止めるための麻糸がいいアクセントになっていて、
ちょっとした表情をつくり出しています。
花器としていますが、寸胴型なのでいろんな用途に使っていただけると思います。
例えば建水として使用するには、主張しすぎずにしかしきちんと存在感があって絶妙なバランスではないでしょうか。

明日も雨が続きそうですが、しっとりとした空気感の中でご覧いただく酒井さんの作品もとても素敵ですので、
ご都合のつく方はぜひおこしいただければと思います!

酒井桂一 展
2020.6.13(土) - 6.21(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:13(土), 21(日)

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/17

「酒井桂一 展」5日目終了しました!




「酒井桂一 展」5日目終了しました!
梅雨入りしたもののここ数日は過ごしやすい天気が続きありがたい限りです。

今回掛け花入も2点出展してもらっていますが、角のようなかたちがおもしろく、
内側だけ漆が塗ってあって、無塗装の外側とのコントラストが印象的な作品です。

早いもので会期も半ばを過ぎました。
まだまだ安心できない状況ではありますが、半外部とも言えるような開放的な空間ですので、
もしお時間あればぜひお立ち寄りください。

酒井桂一 展
2020.6.13(土) - 6.21(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:13(土), 21(日)

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア

2020/06/16

「酒井桂一 展」4日目終了しました!




「酒井桂一 展」4日目終了しました!
今日も昨日に引き続きいい天気で、風もあって縁側では気持ちよく過ごすことができ、
長時間のんびりしていかれるお客様もいらっしゃいました。

今日ご紹介する作品は蓋物です。
蓮のかたちを模した形状で柿を使って作られているのですが、
木の表情をうまくいかしていて、小さいながらにとても存在感があります。
蓋との噛み合わせ部分も細かいところまでていねいに作られていて、ついつい手に持って撫でていたくなります。
また、開いた状態では蓮のかたちが仏教美術を連想させもします。

酒井桂一 展
2020.6.13(土) - 6.21(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:13(土), 21(日)

・購入ページ
>スペース大原オンラインストア