2018/10/28

「天野裕夫 展|かえってきた象」終了しました!


「天野裕夫 展|かえってきた象」おかげさまで無事に終了しました!
最終日の今日も途切れることなくお客様がおこしくださり、とても賑やかな1日でした。

今回は天野さんがこちらへ戻ってきてはじめての個展で、
みなさまへのごあいさつの意味合いも強くありましたが、
今後こちらで作品を観ていただく機会も増えるかと思いますので、
引き続き応援のほどよろしくお願いいたします!
(天野さんは還暦をすぎてらっしゃいますが、あと20年は制作を続けると宣言されています!)

さて、本展をもちまして弊廊の展覧会予定はすべて終了いたしました。
おかげさまで今年もいろいろな方々におこしいただき、
何よりも我々がいちばん楽しませてもらいました。
来年の予定につきましてはまた追って発表いたしますので、どうぞご期待ください。

2018/10/27

「天野裕夫 展|かえってきた象」残り1日です!





「天野裕夫 展|かえってきた象」8日目終了しました!
今日は午後から天気も回復し、とても過ごしやすい1日でした。

この時期は、夕方になるとかなり暗くなってきますが、
外から展示空間を眺めると昼間とはかなり違った雰囲気でおもしろいです。
時間帯による作品の見え方の変化も楽しんでいただければと思います!

さて、明日はいよいよ最終日です。
天野さんも在廊してくださる予定なので、ご興味のある方は
お見逃しのないようにお願いいたします!

2018/10/26

「天野裕夫 展|かえってきた象」残り2日です!








「天野裕夫 展|かえってきた象」7日目終了しました!
今日は天野さんの在廊日ということもあって、たくさんの方々におこしいただきました。
そしてお客さんのリクエストで、急きょ公開制作で象を作ってもらいました!
小さな象をワックスを使って手際よく作るようすを見て、みなさんとても感激されていました。
(天野さんはこれを「ハナクソ彫刻」と呼んでいます 笑)

さて、早いもので会期も残すところあと2日となりました。
御神木の枯れ枝を使った作品をまとめて観ていただける良い機会ですので、
ぜひおこしいただければと思います!

2018/10/24

「天野裕夫 展|かえってきた象」5日目終了しました!





「天野裕夫 展|かえってきた象」5日目終了しました!
今日は日中とてもあたたかく、過ごしやすい1日でよかったです。

今回玄関先には、大きなやきものの作品を2点展示しています。
これらは天野さんが新しく大湫に作った工房に設置した窯で初めて焼いたものです。
まだ新しい窯なので思い通りにいかない部分もあるみたいですが、
土地柄これからやきものもいろんなことに挑戦していくことになるかもしれません。
環境が変わって、これからどんな作品が出てくるのかとても楽しみです!






2018/10/23

「天野裕夫 展|かえってきた象」4日目終了しました!




「天野裕夫 展|かえってきた象」4日目終了しました!
今日は午前中に多治見工業高校専攻科の公開講義があったなど、賑やかな1日でした。

写真の作品「堂堂鳥」は、緑青をふかせた頭部が木部分とのコントラストを生んでいて、
力強く踏ん張った足によってその迫力を増しています。
二本足で立たせるのはなかなか難しいのですが、とてもいいバランスで屹立しています。
そして木の質感を生かした尾っぽに、小さな象が行列を作っているのも天野さんの作品らしいです。
それぞれの作品の中に楽しい仕掛けがたくさんつまっているので、
ひとつひとつじっくり観ていただければと思います!

2018/10/22

「天野裕夫 展|かえってきた象」3日目終了しました!


「天野裕夫 展|かえってきた象」3日目終了しました!
今日は天気も良くて暖かく、じっくりと作品を観ていかれる方が多かったです。

天野さんはこれまで、木を素材として扱ってきませんでした。
というのも天野さんの作品はいろいろな要素を組み合わせていくことでつくられていくため、
削っていくという工程が作品の性格になじまなかったためです。

ただ地元の御神木の枯れ枝を使わせてもらえるようになったことをきっかけに、木にも取り組み始めました。
その中でどこを生かしてどこを削っていくか、これまでとは少し違った感覚を使いながら、
ブロンズと組み合わせることでこれまでとは違ったタイプの作品を生み出すことに成功しました。
木そのものにもひとつひとつおもしろさがあり、さらにそれを天野さんがどう見立て、
どうやってかたちを作り組み合わせて作品として完成させたのか、
想像しながら観てみるとより楽しんでいただけるのではないかと思います!