2012/05/03

「石巻VOICE」vol.2


「石巻VOICE」vol.2が届きました。
送っていただいてどうもありがとうございます。
今回の特集は「CULTURE」ということで、とても興味深く読ませてもらいました。
いくつかの取材には同行させていただいて、(しかも名前まで載せてもらって!)
とてもいい経験になりました。
復興となるとどうしても実利的な部分に焦点が当たってしまって、
文化的なことは後回しになってしまいがちですが、
一度途絶えてしまったものをふたたびつくりあげるのは途方もない作業であって、
文化は継続していかなければ生活に寄り添ったものとはなりえません。
震災という大きな出来事を経て、
石巻にいらっしゃる方たちのさまざまな思いや葛藤の断片を聴かせてもらうだけでも、
その重要さ、かけがえのなさを痛切に感じます。
必ずしも目に見えるかたちにはあらわれず、
論理だけでは言い尽くすことのできないものだからこそ、
繊細さをもって大切に育んでいかなくてはならないのだと思います。

それはもちろんあのような悲惨な状況が起こらなくても
知っていなくてはいけないことだとは思いますが、
あれから一年が経ち、今一度肝に銘じなければいけないような気がしています。
一地方に住む人間として、東北は東京にいたときよりも物理的には遠くなったけれど
精神的には少し近くなったようにも感じていて、
彼らから教えてもらったことを、少しでもこの土地で実践していければと思います。

No comments:

Post a comment