2013/05/02

さまざまな白

White Flow Engraved Water Jug / Takayuki Kani





先日の展覧会でとても気に入ったのでわけていただいた可児孝之さんの水指が手元に届きました。
そして箱とともになんとステンレスの蓋を新たに製作してくださいました。
これで遊びのときにはバリエーションも増やせて、
より幅広く使うことができそうです。
可児さんはお茶の教室の兄弟子ということもあり、
こういった気使いはとてもうれしいです。

一口に白といってもそこにはいろいろなものがあり、
可児さんの白磁はその奥深さを感じさせてくれるものとなっています。
そして削りによってより一層光と影がつくり出す表情が複雑さを増しています。
この水指はサイズ感も良く、塗蓋の黒によってフォルムがさらに締まって見えました。
蓋を変えると水指本体もまた違って見えてくるのがおもしろいところです。
ひとまずどんな取り合わせをするのがいいのか想像をめぐらせながら楽しみたいと思います。




No comments:

Post a comment