2013/06/07

タジミル第1回ワークショップ終了しました!








タジミル第1回ワークショップ終了しました!

ながせ商店街の美濃輪理事長のあいさつからはじまり、
第一部は多治見工業高校専攻科の伊村俊見先生による、
「美濃のやきもの」の歴史のレクチャー。
桃山時代のやきものをはじめとする、
この土地でずっと培われてきた文化の歴史を
わかりやすく説明していただきました。
現代においてこの土地が抱える問題について、
そしてその中でもまだ打開策を見出せる可能性はあり、
それは規模は違えどまちづくりにおいても共通する部分が
あるのだというお話は大変興味深かったです。

休憩をはさんで第二部は名城大学建築学科谷田研究室による
活動報告をしました。
今回は商店街の写真をつなげて一枚の長い紙にして、
それを見ながら商店街の魅力や好きなところを
ポストイットに書いてどんどん貼っていくという作業を
みんなでおこないました。
商店街をはじめとする地元の方々と学生が一緒になって
いろいろ話し合いながら進行していくのは、
お互いのことを知るのにもよい機会となったのではと思います。
この結果は研究室に持ち帰りきちんとしたかたちでまとめて、
次回以降につなげていきたいと思います。

みなさんのおかげで最初のワークショップを
無事に終えることができました。
ありがたいことにメディアの方も多く足を運んでくださり、
このような活動が今必要とされているのだなということを
ひしひしと感じました。
次回ワークショップは7/4を予定しています。
なによりもまず継続していくことが大切なので、
じっくりと時間をかけて進めていきたいと思います。

No comments:

Post a comment