2013/03/01

KOMINO



去年から参加させてもらっている谷口製陶所×名城大学谷田研究室の産学協同プロジェクト「KOMINO」が
3/5から東京ビッグサイトで始まる「建築・建材展」に出展します。
今回携わっているのはDMのデザインのみですが、(画像のものをはじめ4種類あります)
今後タイルのデザインをはじめタイル産業の背景を紹介するブックレットの作成や
学生とのワークショップなどさまざまなことを計画しています。
谷口製陶所のある旧笠原町(現在は多治見市)は元来飯碗などやきものを多く生産していましたが、
1050年代以降タイルの生産がさかんになり一時は全国の生産量のほとんどを占めていました。
(モザイクタイルに関しては9割近くだそうです。)
しかし海外製の安価なものが輸入されるに従い、
どんどん生産量が減り多くの工場が閉鎖に追い込まれています。

そんな状況の中でこのプロジェクトは、
今一度タイルの魅力を見直し、また生産地としての歴史を捉え直すことで
これからありうべき企業、そして地域の姿を探っていこうというものです。
ふだん自分が扱っているのは基本的に一点物の作品であり、
そういったものとはまた違う地元の産業にこうやって関わる機会を
与えていただけるのは本当にありがたいことです。
今後の展開にご期待ください!

No comments:

Post a comment