2019/09/03

「たそかれとき」について|演出02:わより(古物店)


演奏で使用されるクラヴィーコードは内田さんご本人が製作された物です。
内田さんは楽器の製作者、演奏者として歴史を現代に受け継いでいます。
演奏していただくクラヴィーコードが考案された14世紀は、日本では鎌倉時代から室町時代。
ヨーロッパから日本にも渡り19世紀まで普及します。

今回、クラヴィーコードやスペース大原に寄せた演出として、わよりさんに古物を展示していただきます。
それはクラヴィーコードが普及した時代のものからその時代に想いを巡らせたものまで。
スペース大原の空間が相まって、西洋の文化に触れた当時との邂逅になるのかもしれません。
現代に蘇るクラヴィーコード。わよりさんの古物。時が交錯するその場限りの時間をお楽しみください。

久しぶりの投稿になってしまいましたが、おかげさまで両日ともに埋まって来ましたので、
ご予約はお早めにお願いいたします。

お手数をおかけしますが「たそかれとき」のご予約はメールにてお願いいたします。
ご希望のお日にち、代表者様氏名、人数を明記してご連絡ください。

zuno.tajimi@gmail.com

主催:スペース大原、地奏プロジェクト(図濃)

No comments:

Post a comment