2019/05/20

「堀一郎 展」3日目終了しました!





「堀一郎 展」3日目終了しました!

今回出展してもらっている瀬戸黒茶盌は、それぞれ特徴的な形態でバリエーションがあります。
筒茶碗の背の高いものや沓茶碗に近いような平たく広がったものなど、
ひとつひとつプロポーションが個性的です。
しかしそのすべてに共通するのは、実際に持ってみると手に馴染み、
また持った瞬間にふわっと感じるようなちょうどいい重さを備えていることです。
茶碗は無論のことお茶を飲むための器である以上、
いくら見た目がよくても不必要に重たかったりすれば用を足していません。
そのあたりの両方を兼ね備えているところが堀さんの茶碗のすばらしいところだと思います。
写真ではどうしても伝わりきらない部分があるので、ぜひ実際に手にとって感じていただければ嬉しいです。

堀一郎 展
2019.5.18(土) - 5.26(日)
13:00-18:00
会期中無休
作家在廊日:25日(土), 26日(日)

No comments:

Post a comment